高速バスのマナー

リクライニングシートを倒すときには、後ろの乗客に了解を得ましょう。いきなり深く倒すと後ろの人を驚かせてしまうだけでなく、シートにドリンクを置いていると、前の人がシートを倒したことでこぼしてしまう原因にもなりかねません。前後の間隔が狭い高速バスの場合、リクライニングシートを深く倒すことにより、後ろの人が脚がはさまってしまい、痛い思いをさせてしまう原因にもなります。

夜間の高速バスに乗る人は、消灯後の光に気をつける必要もあります。外の光が入り込また、高速バス内では音に注意しましょう。車内では余計なお喋りは慎み、音楽などの音がもれないようにすることで、他の客に迷惑をかけないようにしてください。

お菓子の袋をあける音なども、特に夜間は他の休んでいる乗客を起こしてしまうことになるため、夜中の食事は極力音が出ないものを選びましょう。トイレに行くときの足音で周りの人を起こしてしまうことがあるため、消灯前に行っておくことが大切です。

そして、差し込む光で周りの人を起こすことがないよう、カーテンを閉めておくことが大切です。また、携帯電話など電気機器の照明が他の乗客の眠りを妨げてしまうことがあるため、使用は控えたほうがいいです。